画像をクリックすると、その日の様子を見られます。

 2003年11月30日 『ハウスの改造?』

つまんない!
 日曜日のロッコでーす。
まだワクチンが終わってないので外に出れません。
 早く外に出たいな!ボールも飽きちゃったよ。
 わたしがハウスからこっそり抜け出すので、親爺が入口を改造して勝手に出れないようしてしまいました。残念!
 2003年11月29日 『脱毛騒ぎ』
 だれかの背中の上でおやすみ中のわたしです。→
 お姉ちゃんがわたしの眉間のハゲ?を見つけて、またまた大騒ぎ。
気にするな!気にするな!の脱毛騒ぎなのですが?
 2003年11月27日 『食糞騒動』
 毎日よく食べてます。そしてついついウンチも食べてみました。そしたら、家中大騒ぎ!
 親爺がインターネットで調べて、ワンちゃんはそういうことはよくあることだって・・・・・・
               一安心の食糞騒ぎ。
 2003年11月24日 『自分でトイレへ』
 麗しき美女の訪問があり、よかったなあ!
                  おそるおそる抱いてくれたAさん→
                   慣れた様子で抱いてくれたEさん→

     自分でトイレへ行けるようになりました。
 2003年11月23日 『名付け親』
 こんにちは・・・わたし、おすまししてるの!みんなから「かわいいかわいい」と言われているのよ。
 名付け親のおばちゃんの一人とご対面
いっぱい遊んでもらったけど? 買ってもらったばかりの毛布の上で手荒なおもてなしに応じる私です。
 2003年11月22日 『モデルもつらい?』
 ゴコさんの写したロッコでーす。
右の人 よく遊んでくれるのはいいんだけど
    少し、しつこく うるさいな!のが玉にキズ。
 私にベッタリ甘えて?これ、どういうこと?
 2003年11月21日 『トラベルキャリー』

HC-630
 親父はかなり研究熱心らしく、インターネットで私たち犬のことを詳しく調べている。私がきれい好きでハウスの中で排泄するのは嫌だということも知ってるらしい。きょうはトラベルキャリーを買いにお姉ちゃんと行った。もとめてきたキャリーはアイリスプラザのトラベルキャリー HC-630で幅42.4×奥行62.7×高さ43cm である。スライド開閉式のドアだから開けたときスッキリ。バックルで組み立て、分解が簡単にできるんだ。小物収納スペースもついている。
 この中にトイレマットを置き、私のトイレにするらしい。夜はハウスの入口に連結してくれるとのこと。ところでこのキャリー、インターネットで買った方が安かったのにと、親父が悔しがっていた。
ハウスと連結
 2003年11月20 『生後2ヶ月日』
 少し体調回復しました。きょうはウンチのおもらし(写真撮られちゃった)して叱られた。でもしかたないね。私まだ2ヶ月なの!家族のみんなが私に注目して、私休む暇もない、トイレを覚えるヒマもないんだってワンワン!見て!見て!左の人、この人たまにひょっこり顔出すけど、しつこいんだねこれが。新入りの私は無視するわけにもいかないし、覚えることもいっぱいあるのに、当分ストレス解消できないみたい。
 2003年11月19日 『初めての病院』
 お腹の調子が今一つ。きのうの血便のこともあり、お姉ちゃんと親父が初めて病院へ連れてってくれました。お姉ちゃんの飼っているハムスターかかりつけの病院です。最初は緊張したけど優しい先生でホッとしたね。体重を正確に測ってもらい1.2kg、検温ほかいろんなとこ診てもらいました。あまり心配するほどのことはないらしい。私は自分のことだから最初からわかっていたけどねワン!。一応下痢止めの粉薬をもらったけど。まあ しばらくおとなしく自粛しようっと。みんなすぐ心配するから。 診察券
 2003年11月18日 『や!血便だ』
 私も少しは慣れて落ち着きました。体重1キログラムちょっとみたい。お姉ちゃんが私のワンルームの表札「ロッコのへや」を作ってくれました。手作りでとっても可愛いものだね。それとペーパーにペットボトルの水飲み器もハウスの壁に付けてくれた。ちょっと飲みにくいけど文句は言えないワン。
 夕食後、みんなが大騒ぎ。私の血便にみんな驚いていた。そんな騒ぐほどのことでもないと思うんだけど、環境が変わったので私も精神的にも肉体的にもちょっぴりストレス感じているだけよ!あーあ、ウンチ写しちゃって。
 2003年11月17日 『ハウス購入』
 一夜が明けて、みんな優しくしてくれるみたいだけど、犬のこと良く分かっているのかな?もう少しおとなしくして様子を見てみよっと。
 お姉ちゃんと親父が私のハウスを買いに行った。私ひとり(一匹)ダンボールのハウスに入れ、出口を塞ぎ・・・・。でも私こっそり抜け出しちゃった。そして外にウンチしちゃった。またうまくハウスの中に入り込み、じっと帰りを待ってた。だってハウスの中にウンチしたくなかったからよ。
 帰ってきたお二人さんは唖然としていたっけ。買ってもらったハウスは、アイリスプラザのプラケージ810(ベージュ)だ。幅82.5×奥行56.5×高さ62.9(キャスター取付時)だから、今の私にはちょうどいいかな。プラスチック製のペットケージで、私をを正面の扉だけでなく、上面の扉からも出し入れすることができるんだって。移動に便利なキャスターも付いているんで掃除してくれる人はラクチンかな!
 私のサイズ、右の写真でタバコの箱から想像して頂戴ね。
 2003年11月16日 『初めまして』

不安そうに
おとなしく
 日曜日の朝、一組の家族が、ペットショップにいる私に関心を寄せていた。特にその中のお姉さんが私を抱っこしたりして、だいぶお気に入りの様子だ。でも何が不満だったのか?そのまま帰ってしまった。
 午後3時過ぎ、また現れた。今度はお姉さんとそのお母さん二人で、私の兄弟3匹をしきりに見比べて悩んでいる模様。半ば諦めている私をお姉ちゃんがついに抱きしめて、その人のお家に連れていってくれた。でも私は不安がいっぱい。どんなお家なのか?どんな人が住んでいるのか?
 着いてみると、なんだか怖そうな親父がいる。緊張が一段と増してトイレもできない。午後4時過ぎに着いてから夜中までおしっこもうんちもできなかった。でもこの親父、昔、犬を飼っていたらしい。といっても40数年も前のことらしく、世の中ずいぶん変わっているので、どうなることやら。その上、この親父コーギーがお気に入りだったとか?他の家族全員は柴犬を望んでいたらしい。
 夕食はショップと同じ餌を親父がお湯で少々ふやかして与えてくれた。
 緊張して忘れていたけど、一応私の自己紹介しておかなくちゃね。
今年(2003年)9月20日生まれの女の子、名前は「ロッコ」と付けてもらったよ。どうも近所のうるさいおばちゃんたちの話で決まったらしい。「ロッコ」とは漢字で六子と書くらしい。ここの家は5人家族で6番目の私?いやここのお母さんの名前が五子らしい。何か関係あんのかしら?まあどうでもいい。とりあえず眠れるかわかんないけど、お姉ちゃんが即席で作ってくれた、ダンボールのハウスで休むことにしよう。